:半音階の練習

  • 2020.10.30 Friday
  • 06:59

 今日は秋晴れの爽やかな空でしたね。「ふるさとの青い空」を練習しはじめてから、

よく空を見上げるようになったのではありませんか?
 今日もレッスンが始まる前に、十分なコロナ感染防止対策を行い、体操、発声の自主練習。

更にコンサートで付けるマスク等の意見を出し合いました。
 

〇今日のレッスン
〈半音階/chromaticの練習〉
高いドから半音ずつ下がって
Do.Ti.ta.La.lo.So.fi.Fa.Mi.ma.Re.ro.do (小文字がピアノの黒鍵にあたります)
読み方を教えていただき、正確に半音階が歌えるように、繰り返し練習をしました。
これにより正確な音程が取れるようになります。
〈コンサートの曲の中から5曲〉アンサンブルチームに別れて
・「信じる」全体的に前へ。
・「きみ歌えよ」
・「たんぽぽ」この様な時ですから、観客のみなさんに明るくなっていただく為にも、

  今までよりもテンポを前向きにします。
・「ほらね、」硬い!歌が真面目すぎです。もっと楽に流れるように。
・「心の瞳」坂本九さんの笑顔が浮かんでいますか?と、以上F先生。

「心の瞳」の最後に、頬骨の下に手のひらを当てて、押し上げて歌う練習がありました。

 頬を上げ、下唇は皺を寄せて、響かせて歌う。すると響きが良くなったように感じました。
 F先生は、頬のマッサージをしてから歌うようにすると良いですねとおっしゃっていました。

※久しぶりに歌った5曲。覚えているようで全く不確かな自分が良くわかりました。

前に頂いた練習表をつけて、全曲まんべんなく練習しなければいけないな、と反省中です。
今日はS代表がお休みでしたのでテノールさんは少し寂しそうでした。
《ご連絡》
・11/5日は、10.11月の方のお誕生会です。
・11/19日は、さくらぴあ小ホールで練習を行います。



 

コメント
今朝のNHKあさイチでエール出演の山崎育三郎が歌のレッスンをしていました。イヌの息つぎ(腹式呼吸)深い息つぎの大切さを実演していました。そして。歌は、イメージを大事にして遠くに声を届けるようにするとしっかり声が出ると。ひるがえってコンサートで歌う15曲のイメージが浮かんでくるかが大事なんだと想いを新たにしたしだい。たとえば「きみ歌えよ」は、こんなイメージで歌うという思いが全員に強ければお客様に伝わるのではないかと思うのです。併せて暗譜をしていけば発音もよりはっきりして伝わるコンサートになると思います。
  • KS
  • 2020/10/30 10:18 AM
先週に続き今日は「ソルミゼーション」の勉強です。私はF先生の授業を受けるようになって4年半になりますが、たくさんのことを教えていただきました。音楽のことはもちろんそれ以外のこともたくさん教えていただきました。それらのことを耳から頭の中に取り込みそれを心の栄養にして合唱の美しい歌声に変えることができればと思っています。合唱は一人じゃない各パートお互いの音をよく聞いて混声合唱の美しい響きを出すことができればと願っています。 秋の夜長 音楽の美しい音色を聴きながら、来春の10周年コンサートに思いを馳せています。
  • ごんママ
  • 2020/11/13 7:08 PM
コメントする








    

calendar

S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930     
<< November 2020 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM