:6月4日の練習報告

  • 2020.06.04 Thursday
  • 18:36

〜声を出す基本は「ハミング」です〜  

 

優れた合唱団は、発声の導入にハミングを使っています。

F先生は、河合 孝夫(声楽家・合唱教育家)さんのプリントを基にハミングの 大切さを伝えて下さいました。

 

*なぜハミングが発声の基本になるのか?  

発声で最も重要な点は、声帯振動と共鳴。この2つを集中して練習するには ハミングが効率の良い練習になります。

*正しいハミングは?良くないハミングは?  

唇は閉じ、咽頭腔、鼻腔、口腔ともに拡がって共鳴する。

顎は脱力し、咽頭は下がって 声帯は伸展している。

良くないハミングの形は、口腔が閉じて咽頭腔が狭くなり共鳴が弱い。

 

○「ふるさとの青い空」  

・まずハミングで・・・口は閉じているが口腔は縦に広く拡げて。

 喉は柔らかく、足の裏から腹筋を使って口腔、鼻腔まで共鳴させる。

・Hum・・・ソプラノパートは紙風船が飛んでいるのを感じながらハミングを。

 口を開けたままU〜。口をすぼめて、鯉の口の形で。  

・クレッシェンド・・・音が上がっていくときは心に喜びを感じて  声に色彩をだして

 

○「菜の花に埋もれて」  

・菜の花畑の様子を思い浮かべて、イマジネーションが大事。  

・思い出しながら〜思い出しながらのくりかえしの箇所は、色彩を付けて。

・最後の埋もれていた「い」の箇所。

 口を横に広げないで、すぼめて

 口腔を縦に拡げて喉は下げて、お互いのパートの響きを感じながら「い」を響かせましょう。

 

 今週も先週と同じよう3密を避けて、消毒もしっかりしての練習でした。

 この報告ではわかり難いので、アルト・バスのみなさんは

 来週ハミングの実践練習をしっかり受けて下さい。

             (KS)

コメント
今日はソプラノとテノールの練習日です。アルトの私は自宅で自主練習でした。どんな練習だったのだろうか?と思っていましたが、詳しいレッスンの内容をお知らせしていただいてありがとうございました。
来週までハミングで練習しておきます。
  • ごんママ
  • 2020/06/04 10:24 PM
コメントする








    

calendar

S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< July 2020 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM