:一緒に歌う喜びを感じてください

  • 2020.02.13 Thursday
  • 19:40

 

きょうの練習は、先週の練習で教えていただいた河合孝夫先生の、

発声の基本「呼吸法」のおさらいから始まつた。「発声機能の練習の順番は何からですか」

呼吸法、胸郭を拡げて、それによって喉頭が下がる。そして呼吸器官を共鳴させる「共鳴」

そして「声帯振動」の練習、これによって発声が安定したら「発音法」の練習とゆう順番です。

皆さんは習ったことを、自分だけで終わらないで地域の皆さんに教えるようになってほしいのですとF先生のことばでした。

さくらの皆さんは、ここに来たら他のことは忘れて、ここにいる仲間と歌えることを

楽しんでください。肩を組んでお互いを信じて歌ってください。悩み事は家に置いてきて

心の内から出てくる気持ちで、シベリゥスが良いねと言ってくれるよう歌いましょう。

今年一年は呼吸法を徹底して練習しましょうとのことでした。

 

今日の練習は3月1日(日)に市民活動センター祭りで演奏する曲の練習でした。

(1)フィンランディア賛歌

(2)そのひとがうたうとき

(3)たんぽぽ

(4)Stand Alone  の4曲になりました。

たんぽぽの練習では、皆の合唱に合わせて、「どんなダンスができるか踊って下さい」

バレリーナのように踊りましょうとゆうことで女声パートの数人が

楽しく踊り、バレースタジオのように楽しくなりました。

そしてさくらの課題が一つ出てきました。それは音程が少し、下がり気味だとゆうことが

わかりました。耳で聴いてもわかりませんが、チュニングメーターで厳密に図ると20cent〜50cent

低いようでした。これは腹筋の支えで克服できると思います。呼吸法をしっかりマスターできればと思いました。

コーラスの発声練習はピアノで音程を取りますが、次回からは正しく音程を皆で息をあわせて求めていきましょう。

(kn)

 

     

 

 

コメント
「褒められる!」
今日はフィンランディアを2人ペアになりお互い向き合って一人が歌いもう一人聞いている人が相手を褒めましょう! 始まりました。   ♪オイ スゥオーミ〜  少し恥らいながら相手の人に向かって歌い始めました。♪  「わーきれいな声!」と友がつぶやいてくれました。その褒め言葉は歌っている私の心に素直にしみこんでいきます。「うれしい!」顔も輝いていくのを感じます
子供でも大人でも褒められるのはすごくうれしいですよね。 
そうだ コンサートで歌う私たち 会場で向き合ってそれを聞いてくださるお客様 これと同じなんだと思いました。
こんな風に私たちは曲の心を伝えそれが聞いてくださる方の心にしみこんで感動となる〜
毎週いろんな角度から教えていただきますが、今日は一緒に歌う喜び こんな大切な心を教えていただきました。
  • ごんママ
  • 2020/02/14 11:03 AM
「あ〜今日もみんなと声を響かせる〜。今日はうれしいね〜。」という気持ちで木曜日に来れるためには、自分には、かなりの予習が必要。不安なままで練習に入るのは禁物というのはよくわかっている。サロンコンサートの暗譜を8割方済ませたので少し楽しくなってきている自分。曲のメッセージを伝える気持ちを強く持って呼吸法・共鳴を心して練習あるのみ。
  • KS
  • 2020/02/14 12:35 PM
コメントする








    

calendar

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< August 2020 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM