:『あらゆる側面にそって、注意を払って練習する』

  • 2020.01.24 Friday
  • 22:45

 私たち“混声合唱さくら”は、小さなまちの中で、ただ歌の大好きな仲間が

集まって歌っています。でも、習っている事、勉強している事は濃い内容だと思います。

 F先生は、私たちを演奏家、音楽家として大切な事を、常に話してくださいます。
私たちは、サロンコンサートに向けて、聴きに来て下さる皆さんに

「喜んで頂きたい、感動を届けたい!」を胸に、今までに習った事に注意を払いながら練習していきます。
今日は、『あらゆる側面にそって、注意を払いながら練習する』という事を教えて頂きました。

 

◇「音楽的要因」
 ・サウンド(音色)
 ・ダイナミック(音量)
 ・アーティキュレーション(音型)
 ・イントネーション(音程)
 ・リズム
◇「芸術的要因」
 ・性格
 ・情緒性
 ・喜び
 ・誠実
 ・ステージ外観
 ・暗譜
◇「肉体的要因」
 ・姿勢
 ・呼吸(息)の筋肉

     (ブレスコントロール)
 ・顔の筋肉
◇「精神的要因」
 ・考え方 ・感情
 ・エネルギー・願望
 ・信念 ・勇気
 ・忍耐 ・独創性
 ・ユーモア
 ・自分に対する自信
 ・自分に対する提案
 ・自分に対する規律
 ・潜在意識
〇今日の練習
 サロンコンサートの中の

   9曲を歌いました。
 ・朧月夜→エネルギー“f”
 ・四つのわらべうた

  →アーティキュレーション“発音、緊張”
 ・男性→“自信”
 ・ほらね、→“愛、繋がっている”
 ※今日の夜「奇跡のレッスン・弦楽器」をテレビで見ました。
  来週30日にも後編がありますよ。  (mn)
 

コメント
この10年、混声合唱のハーモニーの素晴らしさに魅せられ歌ってきています。最近は、「お客さんにハーモニーと歌詞の心・素晴らしさを届ける」、そして「一緒に感動を味わう」を目指して練習してきています。今週、先生から示されました演奏家にとって必要な力を見まして改めて音楽の奥深さのすごさを感じ、自分の浅さを恥じ入るばかり。
音楽的要因や肉体的要因は、日日、練習しているつもりですが精神的要因の項目は、自分の弱点ばかりが目について反省ばかり。中でも「自分に対する規律」と「忍耐」、言い当てられた感じで、特にこの2点は、日々のモットーにしなくてはと反省。
  • ks
  • 2020/01/25 10:53 AM
予習・復習!大切ですよね 楽譜をよく見てその曲を歌えるようになる。そこまでは予習・復習が必要ですよね。先日私も大好きな番組「奇跡のレッスン」を見ていました。すでに技術的に上手に演奏できている子供たちに先生はどんなことを教えられるのか見ていました。見ているうちにその先生のお話の内容があまりにも私たちの先生と同じですっかりお二人の姿が重なって見えだしました。ヴァイオリンの子供たちは私たちに見えます。
「感情表現はどんなレベルでも出来ます!」音楽を心から楽しむこと そうすることで自分が持っている感情を音で表現することができると教えておられました。緊張で笑顔が消えている子供たちの表情も少しづつ笑顔に変わってきました。私たちもしかり  楽しく歌っていれば自然の笑顔が出てきます。大好きな合唱 素晴らしい仲間たちと楽しく来週は歌いたいと思います。
  • ごんママ
  • 2020/01/25 2:07 PM
コメントする








    

calendar

S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
<< April 2020 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM