納涼会

  • 2019.08.23 Friday
  • 18:16
 22日の夕方から、さくら慣例の納涼会がありました🍺
 広島駅前のエールエール屋上で、美味しいおつまみと飲み物片手に沢山の仲間と合唱の話や夫や孫の話、レッスンの時間では中々聞けない話もできて、楽しい一時を過ごしました。 中には、“フィンランディア”の歌詞を覚えているグループもあり、(わぁー凄い✨☺)。
 すぐ近くの球場で行われているカープの状況を確認しながら一喜一憂しているグループも。
 ほろ酔い気分の楽しい一時でした。
これで、夏の疲れを一気に吹き飛ばし、秋の合唱祭に向けてがんばれそうですね✨

※ブロガーの私が今日の午前中のレッスンをお休みしてしまいました💦
大事な一言等ありましたら、コメントで書き込んで頂けたら嬉しいです🎵(mn)






コメント
楽しかった納涼会の後なので記憶は確かか疑わしいですが書き込みます。まず、日本人と西洋人の声の出し方の違いを黒板に絵をかいて説明されました。荒城の月と花で比べてみました(納得!)「ふるさとの青い空」は、まだ音が十分とれませんでした(CDを聴かないと)「フィンランディア」出出しから鋭く、マイルドではなく、縦切りではなく流れる感じで。クレッシェンドは、息を上げて西洋のこぎりのように押し出す感じで。「そのひとが・・」クレッシェンドがたくさん出てくる。周波数を上げて目的の音に向けて動く。だがうたはまた〜から希望に満ちた声で。もっともの「も」はやさしく。「心の瞳」坂本九さんのような優しさ溢れた笑顔で歌えるように。最後のLu・・Humのハミングをどんな心気持ちで歌うのかを考えておきましょう(宿題ですかね)
*8月誕生会TさんIさん「体幹を鍛えたい」「忘れやすくなったけれど頑張りたい」
*介護休部Sさん。早い復帰をお待ちしております。秋の2つのコンサートを乗り切っての忘年会が楽しみです。

  • ks
  • 2019/08/24 11:05 AM
「フィンランディア」
この曲は日本語で覚える曲と比べると暗譜するのが凄く難しい!先に言葉を覚えるのが良いか?
音を覚えてそれに言葉をのせていくのが良いのか
最初は試行錯誤の日々でした。
今日の練習の時 [ 暗譜第1号はアルトのTさんですね]と突然先生が言われました。
とれだけの練習をされているんでしょうか?
この曲に限らずいつも新しい曲を先生からいただいて、音取りが出来たら翌週にはもう、歌えている!驚きです。さくらには素敵な先輩がたくさんおられます。
こんな先輩の後ろ姿に教えられて、私達も努力を惜しまず練習したいと思います。
  • ごんママ
  • 2019/08/26 12:13 AM
コメントする








    

calendar

S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930     
<< September 2019 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM