「群読」

  • 2019.05.20 Monday
  • 19:04
 今週は、5人程のグループに別れて詩を群読する練習をした。詩は、次の発表会で歌う「ほらね、」「きみ歌えよ」。
詩の言葉の心を感じ、単なる一斉音読ではなく、自分のなか(内)から溢れだす言葉で表現する。
 グループごとに、みんなの前に出て発表したのだけれどなんと難しい事!

◇F先生の言葉
「私たちの合唱団は、もうきちんと歌うことはできています。だから、さらに次の次元に行きましょう。」「‘’詩‘’を本当に本気で皆で感じて、そこに共感して、自分のなかからなる言葉が溢れ出てくるように歌う、そういう合唱を目指しましょう!」と。

 音程やリズムの事ばかり考えて歌うだけだったなーと反省。‘’詩‘’を感じて歌う、感情豊かに、、。「それでも悲しい日があったら、涙が止まらない日があったら、、」震災を受けこんな風に思っている人達の気持ち、この言葉を感じて、歌ってみることにする。次に続く「ほらね、人は誰も一人ではないよ」と歌ってみることにしょう。

🌸今週は5月生れの団員のお誕生会をした。Nさん、Mさん、N男さん、Tさん、Happy.birthday!
さくら=デイサービス?(民生委員)に大爆笑でしたね。オリンピックで錦織圭にもあえますように☺皆さん若くてハツラツとした大好きな仲間です♥️
(mn)

コメント
言葉一つ一つを感じとって歌っていくこそが次の次元に上がっていく道ですね。先生が指導してくださっている言葉をこのブログで何回も反復できるので助かっています。
  • ks
  • 2019/05/31 7:51 PM
コメントする








    

calendar

S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< October 2019 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM