『合唱からの学び』

  • 2019.03.16 Saturday
  • 13:16
☆今週の練習
来年度の中央市民センターサロンコンサートに向け 先生よりプログラム(案)の提示がありました。
     ・その人がうたうとき
     ・信じる
     ・きみ歌えよ
     ・女声(朧月夜の涙,四つのわらべう
        た)
     ・男声(銀色の道,海その愛)
     ・たんぽぽ
     ・ほらね、
     ・心の瞳

今まで歌ってきた楽曲もそれなりに頭に入っているのですが いざ歌ってみると音程もリズムも不安定、忘却の彼方に・・でしたね。

「その人がうたうとき」
・ハーモニーに慣れていきましょう。
   ハーモニーの美しさに感動できる心を
・Sは風を起こし全体を引っ張っていく
   ように
・繊細なメロディーですがfのところは
   言葉にも力を

「たんぽぽ」
・ゆっくりでも重くならず軽い声で歌え
   るように、優しくいくよーというイメ
   ージで。
・どんな花よりたんぽぽの の「の」は
   短くならないように、「♩」です。

・「ふるさとので青い空」
さ来年度のコンサートの組曲
新譜(初見)で各パートごとに全体の流れを味わった後にCDを聴きました。
ベールに包まれたような独特な世界がありますが これからの練習で楽曲の面白さを感じられるように仕上がっていくのを楽しみにやっていきましょう。

「ほらね、」
・歌にリアリティを
・小節の最後の♩を減衰しない
・リズムに集中力をもって ♪,♬,3連符
   を正確に

☆3月の誕生日会がありました。
「合唱が自分の支えになっている、胸に響き感動を与えてくれる合唱はいいなあ」というSさんの言葉。
ハッピーバースデートゥーユー♪の歌も拍手も一段と温かく感じられました。

今年度は今週が最後の練習になります。
21日(春分の日)はお休み、28日は恒例のお花見🌸です。
みんなで満開(おそらく)の桜の花の下で歌って食べて飲んで笑顔を弾けさせましょう!
※ほらね、 心の瞳 を歌う計画です。
楽譜が用意できる人はお持ちくださいね。
(nk)
コメント
出会い
春 新しい事の始まり
さくらの花が満開になり花吹雪の美しい時に
混声合唱さくらに出会いました。

それから3年 たくさんの方達と出会い親しみ!
たくさんの歌にも出会いました。

美しい歌詞に胸を熱くしたこともたくさんありました。
歌うことの楽しさ、みんなで歌える喜び
今まで知らなかった世界で幸せな三年間でした。

中学から高校に進級するそんな気分で
もう一度、「ピカピカの一年生!」みたいに
新しい気持ちになって、歌ってみようと思います。

知らないうちに、歌うことにも、歌との出会いにも
そして楽しい毎日にも慣れすぎている自分に気がつきました。

毎週素晴らしいブログを見せていただき、とりとめのないコメントを
書かせていただき感謝いっぱいです。

何もしていなくても時間は過ぎ去っていきます。
時間の大切さ、そして今を大切に再スタートしたい!
と桜の開花を待ちながら、思う私です
  • ごんママ
  • 2019/03/17 9:26 AM
ふるさとの青い空は、
個人の優れた理性から生まれたもの
(藤咲)

理性が生むもの

〜『ゲーテとの対話』

広く大衆に支持されたりするポピュラーなものは、いつの時代も激しい情熱や感情的な考え方から生まれたものだ。一方、理性から生まれたものは安易に理解されることがないから、ポピュラーにはならない。しかし、すぐれた個人の理性から生まれるものはしばしば重要であり、かつ偉大なものであることが多いものだ。

尊いものはいつもベールの彼方にあって、わたしたちの心の眼によってしか見ることができない。
  • conductor
  • 2019/03/17 12:55 PM
コメントする








    

calendar

S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< July 2019 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM