『心ひらいて』

  • 2019.02.14 Thursday
  • 17:59
☆今週の練習
F先生より
「心の瞳」
   心の瞳で君を見れば 愛することそれが
   どんなことだか わかりかけてきた
   言葉で言えない胸の温かさ
   遠回りをしてた人生だけど
   君だけが今では愛のすべて
   時の歩み いつも側でわかち合える
                       ・
                       ・
                       ・
   いつか若さをなくしても心だけは
   決して変わらない絆で結ばれている

いい歌です。太陽を浴びてあったかい明るさで青春の時を感じながら歌いましょう。
「廿日市オカリナ」で検索したら音録りができるそうです。坂本 九さんのラジオ番組での生の音源が入っているそうです(このラジオ収録後 数時間後に飛行機事故にあい 亡くなられたそうです)

「四つのわらべうた」
間奏のところで笑い声を入れましょう。
最後は声質だけでなく顔の表情でもコントラストをつけていきましょう。

「ほらね、」
前奏の時 スイッチが入るのが遅いです。心の動き、灯がぽっとともる感じで、音が始まったら生き生きとして。
・ほらね のかけあいもよくなってきたけど「ほらね」と前に呼びかける感じで。
・3連符を意識して遅れないように。
  3連符を感じさせないよう自然に歌いましょう。
・最後のAhはパッと切らない。

カリスマ性とは 人のことや周りのことを気にせず自分の軸に入る。音楽に集中し なりきる。演じる力が弱い=文化の発信力の弱さ。演じることをもっと楽しみましょう。街の明るさにつながっていきます。

☆連絡事項
「今後の予定」
・3/3日 市民活動センターまつり
   詳細プリントは来週配布
・6/9日 廿日市市合唱祭、懇親会
   参加者はパートマネージャーまで
・来年度の春 廿日市中央市民センター
   でロビーコンサート
   企画編集を含め選曲委員を募る
・再来年 さくらぴあ大ホールでコンサート開催

☆今週はインフルエンザから復活して顔ぶれも揃い良かったですね。
音楽の動きに自分の心を合わせ
「さあー みんなでうたおう!」です。
では みなさん また来週。
(nk)


コメント
「心の瞳」
なんて素晴らしい歌詞なんでしょう
年月を重ねいつか若さを失っても
心の絆は反対に強くなっていく
人は自分の幸せになかなか気がつかないでいます
音楽を通じてこんな素敵な歌詞でそのことに
気づかせてもらいました。
そんな素敵な気持ちを歌で表現できるように
さあ 練習しよう!
  • ごんママ
  • 2019/02/14 10:10 PM
「音」に対する習熟度はそれぞれで、音符にピタッとはまる声が出せなかったりリズムがうまくとれなかったりだけど 週に一度の「その時間」を共有するということが仲間との絆を深めていくんですよね。
もっとこうしたい、もっとああなりたいという気持ちが強い人、仲間と一緒に歌うことを楽しみたいという人・・・
「さくら」に対する想いの違いはあるかもしれないけれど、互いに支え合ってみんなで一緒に上達していけたらいいなと思うこの頃です。
うまく歌えないことを気にしていたら「音を楽しむ」どころか「音が苦」にしかならずしんどいです。
まずは 好きなことを続けていけることの幸せをかみしめ自分なりにがんばっていきたいです。
  • k-co
  • 2019/02/16 9:37 PM
コメントする








    

calendar

S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
2425262728  
<< February 2019 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM