『練習、練習、練習!』

  • 2018.09.07 Friday
  • 13:35
 県合唱フェスティバルの参加曲「きみ歌えよ」と「信じる」を練習しました。

《F先生より》
・「きみ歌えよ」は満天の星空の下で歌っているイメージで 目の前にいる「きみ」に向けてロマンチックに歌っていきましょう。
・「信じる」は響く軽い声を見つけながらハーモニーを楽しめたらいいですね。
一緒に歌っていることを楽しみ お互いに音を与え合う喜びを感じられることが大事です。そのためには練習です。日々努力です。
・違う音でも調和があります。指揮者はサポート役です。みんなが繋がり聴き合って ひとつのものを作り上げていきましょう。音楽でひとつになって欲しいです。

《本の紹介》
•H P合唱人集団 音楽樹から「Cαrl  Hgset(カール・ホグセット) シンギングテクニック」
•谷川俊太郎  「聴くと聞こえる」
2冊の本を紹介して頂きましたので参考に載せておきます。

「聴くと聞こえる」から
        「河原の小石」
   私はきのう河音をきいていました
   さら さら さら さら
   私は今日河音をきいています
   さら さら さら さら
   私は明日河音をきくでしょう
   さら さら さら さら
        ・
  ・
  ・
  ・

この詩から
時間の流れの中で、きのうも今日も、そして明日もきくであろう 自然の中の様々なものやことが浮かびました。「手に止まった 紋白蝶の 確かな重さを感じる」という一節に、見えるものだけでなく 目には見えない かすかなものを感じとれる心を養っていきたいと思いました。
(nk)

コメント
コメントする








    

calendar

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< September 2018 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM