『ストロー発声』

  • 2018.07.12 Thursday
  • 21:09
《今週の練習》
*F先生より
ストロー発声 やっていますか?
ストレスを感じ身体が固まっている時
ストロー発声をすると 身体も心も柔らかく元に戻ります。
ポイントは〈涼しい顔で〉「う」の口のまま頬を引き上げること
足の裏 お尻の下 おなか 横隔膜 肩甲骨 すべて繋がっている感じを意識して息をはき切る。はけばはくほど長く深く息が入ってきます。

「そのひとがうたうとき」
詞から感じとるイマジネーションを働かせ ゆったりと情景を浮かびあがらせる時間を一人ひとりがもつことが 歌(合唱団)の力につながってきます。

「信じる」
スプレーをシューッと噴射しているイメージで息の流れを。
マルカートは一音一音はっきりとです。
緊張感のある息の流れに変えるところとレガートでつなげていくところを気をつけましょう。
音とリズム 両方の難しさがあるけれど休符は単なる休みではなく 次に始まる音(言葉)に緊張感を持つためのものです。

最後に「きみ歌えよ」 全体を流して練習を終えました。
始めたばかりでまだまだですが 一歩一歩前進あるのみですね。頑張りましょう。
(nk)

コメント
コメントする








    

calendar

S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< August 2018 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM