:『届けたいという気持ち』

  • 2020.01.17 Friday
  • 14:35

春のロビーコンサートまで後2ヵ月を切りました。春はもうすぐです。

 (当日は駐車場は少ないのでできるだけ公共交通機関をご利用ください)


 今日はF先生から『心を使っていますか?使っていなかったでしょう?』

『届けたいという気持ちは、歌い手にとって必要です。この美しい作品を

 だれかに届けて喜んで貰いたい、分かち合いたい!その気持ちが歌の基本です。

 だからこそ感情が動くんだと思います。だからこそ、溢れでてくるのだと思います。

 そこを忘れないようにしましょう。』と,心に“ずしん”とくる言葉をいただいた。

 うーん、そうです。この気持ちを大切にします。

『届けたいという気持ち』を持って、3月15日に臨みましょう(^-^)
♪今日はロビーコンサートの中の4曲を練習しました。
◇「スタンドアローン」
◇「フィンランディア」
 ・子音“K、T、S”を意識してしっかり歌う。
 ・フレーズとフレーズの間一瞬で息を吸う(敏捷性)。
◇「HAPPY.BIRTHDAY」
 ・ファンファーレはトランペットやトロンボーンのように華やかに!
 ・発音に気をつけて
◇「たんぽぽ」
 ・“冷たい風”、“嵐の”等感情込めて。
 ・(どんな花より)→(どぉんな)
 ・(ガラス)の“ガ”は鼻濁音に近い音で。等々。

 

♪〈1月のお誕生会〉♪
 今日は6名の方が1月生まれ。Mさん、Yさん、Tさん、Gさん(今日がお誕生日!)、

 Tさん、Nさん、おめでとうございます.

 86歳になられたMさんが、『歌は私の生き甲斐の一つです!』と言われて、大きな拍手が湧きました。

 素敵ですね(mn)




 

:今年最初のレッスン

  • 2020.01.10 Friday
  • 16:09


2020年が始まりました。今年も宜しくお願い致します。
今年は東京オリンピックの年。“さくら”にとっては3月15日のロビーコンサートの年。
気持ち新たに頑張っていきましょう。
代表より、『歌詞に心を込めて歌いたい』との挨拶がありました。

◇N先生のボイストレーニング

・今日は“早い呼吸(一瞬で吸って長く息を出す)”練習をしました。
 〈発声〉
・「まめみもむ」(同音で)段々下がっていかないようにしっかり支えて。顔の表情も。
・「ノ-ナ-ノナノナ」(ド-ソ-ファミレドの音で) 第2音目、5度上がった音をつかんだらその音を育てる、育てる!口を縦に。顎をあげないで。
今日のポイント
『高い音になると一人一人の声が拡散してしまうので、“聞き合いましょう”。まとまると、音量もふえます。』

◇N先生のレッスン

〇「スタンド.アローン」

・出だし(ちいさなー)は、薄れないで芯のある声で(発音にも気をつけて)
・段々テンポが遅れていきます、遅れないで!
・『休符を意識して歌ってください!』(八分休符、四分休符!)(歌ってない人が八分休符の時は「シュッ」、四分休符の所は「ドン」と掛け声を入れていった(緊張感))
・男性、“D”から遅れます。3小節目のリズム!

〇「たんぽぽ」

・“B”の1小説前のブレス、大切に。
・“B”から、スキップのリズムを感じて。
・詞の意味を感じて3番の、(嵐の空を)の所は、感情移入して歌いましょう。

〇「フィンランディア」 

『感動させる音楽に』
・遅れないで!
・2番は、もっと盛り上がって(歌詞の意味を感じて)
・単語の中に長く伸ばす音がある時は、単語の最後まで気を抜かずに歌う。
今日は、先生が指揮を二通りされました。4/4、
2/2(alla.breve)。皆さん、どちらが歌いやすかったですか?と訊ねられました。

 

※今日は早めに練習を終わって、サロンコンサートについてみんなで話し合いました、2021年の10周年記念コンサート諸々について話し合いました。
こうしてみると、もう、すぐですね♪(mn)

 

:忘年会

  • 2019.12.28 Saturday
  • 11:56

    忘年会
 12月26日、恒例

の忘年会を海辺の安芸グランドホテルのイタリアンで行いました。
 KさんのMCでK代表の挨拶の後、午後から予定を控えていらっしゃったF先生が、

 一番にオカリナで「パプリカ」を演奏してくださり、 みんな「恋ダンス」でノリノリ、

 直ぐにパーティーモードに。

県合唱フェスバス
F先生のオカリナ「パプリカ」

 今年は、盛り沢山の出し物がありました。

 懐かしのフォークソングバンド、ウクレレと朝ドラソング、


Mさんのウクレレ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

全国大会準優勝の詩吟、

 

 

 

  

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

オカリナ.大正琴.ウクレレ歌のグループ、正統女性コーラスも。

 

ハーモニーが美しい女声コーラス

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 懐かしのフォークソング

なんと、コントの時は皆大爆笑!

 素敵なデュエットに、大型新人2人のコメントまで.....etc.
 皆さん芸達者の方々ばかりで、時間があっという間に過ぎていきました。

 最後には、「フィンランディア」の歌声が静かに始まり、大合唱で締めくくられました。

 歌が本当に好きな人ばかりの仲間です。笑顔一杯の「さくら」です。
 来年は「春のロビーコンサート」。
 春色の“さくら”が輝ける、さくら色一杯のコンサートにしましょう。
 皆様、良いお年をお迎えください。

 来年も引き続き“さくらブログ”を宜しくお願い致します。(mn)


 

 

:今年最後のレッスン♪

  • 2019.12.21 Saturday
  • 10:40

〇「Stand alone」
  ・各パート、移動ドで何度も歌う。→全体で移動ドで合わせる。
     F先生は、『移動ドで歌っている方が歌詞を歌っている時よりも美しい響きがします。

    そのままの響きを持って、歌詞を歌いましょう。』と。

 ・(レ#)→ri ゥリと発音。
    先生から“ソルミゼーション”のお話が少し出ました。
   『#の時は、“i”をつけて明るく半音上がります』
    移動ドの“ド〜上のド”までの半音階を上行

    “do、di、re、ri、mi、fa、fi、so、si、la、li、ti、do”
   と歌われました。(下行、♭読みのも)
  『♪来年は半音階の練習をしましょう!』とのことでした。

〇「海、その愛」男性合唱
〇「朧月夜の涙」女性合唱
   男性も女性もお互いパワーを注ぎながら聞き合いました。久しぶりに歌った歌ですが、

   どちらも2回目は、『綺麗でしたよ。』と。
〇「心の瞳」
・最後の和音、テノールの音は、移動ドに直すと“ソ”、もう少し高めに明るめに、と。
   F先生『今日はとても良いですよ。声が一つになって、とても綺麗です。』と、

  ことし一年の最後を誉めて締めくくってくださいました。


〈12月生まれのお誕生会〉
 S先生、Tさんおめでとうございます!
 S先生、いつも優しく美しいピアノで、私たちに合わせて繰返し繰返し伴奏をしていただいて

 本当にありがとうございます。何歳かなー?感謝しております。

 ピアノリサイタルを終えられたばかりのTさん、常に研鑽をつまれて、

 前を進んで行かれる姿は、今日も輝いていました。
 

(今日のハイライトシーン)

 

 

  F先生とS先生のオカリナとピアノの素晴らしい共演が聴けました。

 今日練習した「Stand Alone」をお二人のコラボで聴かせていただきました。

 オカリナの伸び伸びと澄んだ音色、流れ弾けるピアノに聴き入りました。

 私たちも歌声でこんな表現ができるようになりたいとな思いました。

 

〈連絡〉
 ◇忘年会12/26(木)安芸グランドホテル 11:30開始です!
・シャトルバス時刻
 (行)10:10、10:40. 11:10
 (帰)15:10、15:40、 16:10
・紅茶の人は、受付でガードを貰ってください。

◇ボイストレーニングは1/9(木)に変更です。


※一年間、お疲れ様でした(^-^)。私も皆さんもよく頑張りましたよね!
  自分で自分を誉めましょう。
 それから、先生方を始め、色んな所で団を陰で支えて下さっている全員の方々に、

 心から感謝です。ありがとうございました。
 また来年も、明るく、心を元気に歌っていきましょう。

 あとまだ楽しい楽しい忘年会が、残っていましたね。

 皆さんの出し物、楽しみです(^-^)

                                                     (mn)




 

:『魂を呼び起こして!』

  • 2019.12.14 Saturday
  • 08:22

 

今週のレッスンは先週に引き続き、春のロビーコンサーの曲を5曲練習した。
1.「Happy birthday to you」
・各パート移動ドで譜読みをして合わせていった。
 (シ)→ti ティと発音。
 (レ)→re ゥレと発音。
 (ファ#)→fi フィと発音。
 ・最初は手拍子で今まで通りの歌を歌い、続いて楽譜通り歌うようになった。

2.「たんぽぽ」
 ・F先生に続いて歌詞を読んで“詩”を感じた。

  そして『語ることの出来る人になりましょう。』とおっしゃった。


3.「ほらね、」
 ・“たんぽぽ”と同じように語って!
  (ほらね、僕らは一人じゃない)→こころを込めて、語って!

4.「心の瞳」
 ・顔の表情豊かに。目で歌いましょう
 ・(それでも寂しい日があったら)→『心が震えていますか?』
 ・最後のハミング『何かを感じて「ウー」と歌っていますか?』

5.「Stand Alone」
 ・エンディングは口も、目も、体も最大限のエネルギーを持って歌い上げましょう。
 ・みなさんが好きな曲ですから、期待を裏切らないようにもう少し練習しましょう。

  『魂を呼び起こして!』

今週の一言
『合唱には、透明感が大切です。そしてこころ軽やかに』と。

 〈お知らせ〉
  ◇竹内志乃さんのピアのリサイタル 12/14(土)19:00開演

  ◇合唱講習会事前練習(手紙〜拝啓十五のきみへ・大地讃頌
   12/18(水)13:30〜平良市民センター
    2/5(水)13:30〜阿品台市民センター

※忘年会での出し物の練習をして帰りました。
 オカリナ、ウクレレ、大正琴、歌。優しいハーモニーになりそうですよ。
 他の皆さんのも楽しみですね。くれぐれも風邪引かないようにしましょうね(^-^)

                    (mn)
 

今週のレッスン

  • 2019.12.08 Sunday
  • 14:28

: 今週のレッスン

〇〈N先生のボイストレーニング〉
・ハミング→響、口の中に空間、舌で口の中を塞がないように、顔は明るく、響を集めて。
・高音になると力が入るのでお腹でしっかり支えて。
・習字に例えると “ff”は大筆で書く、“pp” の高音は小筆で書く、但しどちらも墨の色は変えない。

   ppだからといって、薄い墨や弱い線で書かない。

 

〇〈F先生のレッスン〉

「鏡を見て発声の口径を確認。痛いような、、」この先週のブログのコメントも受けて、

  F先生『not too much!ですよ。』と笑顔で。固まらず、柔軟性をもって。

  今週は、春に行うロビーコンサートの1〜4番までの練習をした。
 ・各パートA. B の2グループに別れて歌い、各々に聞き合った。
 1.「フィンランディア」
 ・テンポ
 ・(キルカゥデーーッサ)や(バァルケウーースヨ)の長く伸ばす音が短くならず、

      後の小さい“ッ”“ス”を皆で合わせましょう。
 
 2.「そのひとがうたうとき」
 ・『もう少しだけ、この曲を皆さん好きになってください!』と。

 3.「信じる」
 ・(はずえのつゆが〜)からは、勢力が薄い。もっとエンジンをかけて、流れ、動きを。

 4.「きみ歌えよ」
 ・ff のところは、躊躇しないで!

 

〇今日の「なるほど!の一言」
 F先生;『鏡が無いときは、スマホの自撮りモードにすると自分の口の開きが解りますよ。』と。なるほど!
     『発声は、一生気づきがあります。』
 N先生;『乾燥した季節です。私は、喉のために寝る時に口にテープを貼って予防します。

     喉の調子が悪いときには、濡れマスクで予防します。』(専用のテープは高いので、

     肌に優しいテープ300円位)との事!

〈お知らせ〉
 ・メンズアンサンブルさくらは第13回童謡歌唱フェスティバルの予選通過しました!

  本選は12/15(日)13:14〜ウッドワンさくらぴあ大ホールです。
 ・2月29日(土)の第7回合唱講習会の事前練習があります。(希望者のみ) 

       場所は12/18(水)13:30〜、平良市民センター
 ・1月のボイストレーニング(N先生)は、1/16日(木)に変更です。
 

 ※寒くなりました。今年のレッスンも、あと3回。寒さに負けず風邪などひかないように気を付けたいですね。

 忘年会、楽しみです(^-^)
               (mn)






 

:発声練習

  • 2019.11.30 Saturday
  • 21:37

〈N先生のボイストレーニング〉
呼吸・お腹、お尻を少し閉めて支える・口を立てに(鏡を見る)・表情
(ドレミレドの音程で)
・まずハミングで(鼻に響鳴、小鼻を開く感じ、目を開く、優しい顔で)
・ハミングから「んナーナナナナー」(口を立てに)
At→深い厚みのある声が欲しい。降りてくる時もしっかり支える。
B、T→音が下がりぎみ、落ちないように
Sp→芯、響が欲しい。出だしは良いが持続しない(支えて!)喉で押さない。
全体練習の後に、各パートから2名ずつ前に出て公開個人レッスンがあった。

 

〈F先生のレッスン〉

まず先日のセンター祭について、『心を開いて歌えたと思います。

特に「心の瞳」は、語りかけるような感じだったので、良かったと思います。』とおっしゃった。

きっと大切な人に届いています。
〇「スタンドアローン」
・女性ユニゾンの所は、小さくても濃い芯のある声で。
・この曲は優しく優雅だけど、スピード感、水の流れのような壮大さをもって。
〇〈たんぽぽ〉
・これ以上ない優しい顔をして歌いましょう。
・詩を感じ、厳しい冬を越えて「すぐそこに春が来てるよ」と演じてみましょう。
・歌は音に合わせて言葉を伝えなければなりません。
・心に火をつけて来てください。

 

※ 今日は、前に出ての発声の実践する一人に指名を受けて固まった。
実はN先生のレッスンを月一で受けている。受けていてこれ?!と思われるかもしれないが、

随分良くしていただいたのだ。
まず最初に伺った時は、1.声が後ろにこもる、2.舌が巻いている、3.肩で息をし、息が浅いので高い音は2小節歌うのが

やっとだった、4.音は取れるが伸ばすと不安定、5.高い音“E”“F”などは(私にとって)至難の技、喉で歌っていた。

6.お腹で支える,7.自分の喉にピストンがあるみたい...等

まるでぐちゃぐちゃに絡まった糸を、少しずつ少しずつときほどいて頂く様に教えていただいている。

少し楽に歌えるようになった。
さくらは、本当に恵まれていると思う。私たちに感性豊かな音楽を教えて頂けるF先生、ボイストレーニングをしていただけるN先生、いつも何度でも繰り返し私たちに合わせて伴奏をしていただけるS先生。  
今日の発声練習を思い出しながら、皆さんも鏡を見て習ったことを復習してみましょうね。(mn)








 

:廿日市中央市民センターまつり(11/24日)に出演します

  • 2019.11.22 Friday
  • 17:04

 

廿日市中央市民センターまつり(11/24日)に出演します。

 皆様のご来場をお待ちしています。

 混声合唱さくらの出演時間は13時20分からです。

 

 今週のレッスンはセンター祭出演のための仕上げをしていただいた。

発声を兼ねて、

◇「ふるさとの青い空」より「秋」
 (A)(B)までを各パート別に移動ドで歌い、全体で合わせてハーモニー・強弱を確認。
(移動ドの時、ドレミの発音を習った。ドレミのレ→「re」“ウレ”と発音。♯ド→「di」ディと発音。シ→「ti」ティと発音。)

◇「四つのわらべうた」女性合唱
 「聞いて楽しいように、見て楽しいように」
 ・じゃんけんに勝った時は、うれしそうに歌う!
 ・(あのこが欲しい、この子が欲しい)誰かを見て指差し。子供時代に返って歌う。音程も!
   ・3/8からは、掛け合い、リズム感じて。

   ・言葉をハッキリと!

 

◇「椰子の実」
 ・ぐっと “ P ”に落として、最後盛り上がっていく。強弱メリハリつける。美しいハーモニー。

◇「心の瞳」
 ・男性だけのどころ→遅れないように。
 ・女性→芯のある声で。(胸筋もひらいて)
    ※今までに習ったことを思い出しながら、後2日自分なりに歌いこもうと思います。
     こころの瞳で見つめてみます。心をこめて歌います。    (mn)

〈11月のお誕生会〉
   今月は、spのSさん、alのSさん、『おめでとうございます』。
   今日はspのSさんが、学生時代に習われたグレゴリオ聖歌を歌ってくださいました♪

〈お知らせ〉
  ☆竹内志乃さんのピアノリサイタル
      12月14日(土)さくらぴあ小ホール 19;00開演

    ☆市民センター祭の集合時間は、12;30

                       (ロビー集合)ですよ。

 

『愛』

  • 2019.11.16 Saturday
  • 10:34

 今週のレッスン

 

◇ふるさとの青い空より「秋」
 ・毎回練習していきます。と。

◇女性合唱「四つのわらべうた」
◇男性合唱「椰子の実」
◇「心の瞳」
    市民センター祭に向けてこの3曲を練習した。

「心の瞳」

・ただ歌うだけでなく、気持ちをいれる。
・こころのスイッチが入るとよい。心を閉じないで。
・愛のこもった歌を歌っていると、こういう作品に触れていると、実生活も幸せな気持ちになるのでは。
・もっと愛を込めて歌いましょう。
「上手だったね。」ではなく、「感動したね!」と感じていただけるような歌を。とF先生。 

※先日たまたまつけたTVに「佐藤しのぶさんを偲ぶ」追悼の映像があった。
   彼女はベラルーシ(原発事故の甲状腺ガンの子)や、バングラデシュの困難を持つ子供達の元へ歌を届けていた。

  私はその様な活動   をされていた事を初めて知った。
  そしてあの歌。佐藤さん自身が手話を付けながら歌う「リメンバー ヒロシマ ナガサキ」。
  このテレビを見た後に、U-tubeで2014年の日本記者クラブでの佐藤しのぶ・なかにし礼の会見を見た。
  彼女は10数年前に、自分の声があるうちに、世界中の人が歌える平和の歌を歌いたい!との気持ちで、

  なかにし礼氏にそんな歌を   作って欲しいと、一本の電話をかけた事からこの歌ができたそうだった。

  彼の小説「赤い月」を読んで、この人ならと思ったそうだ。

  この歌の成り立ち、二人の思いが U-tubeを見て良くわかり、涙が出るほど感動してしまった。
  なかにし氏が、『どうやってそんなに美しい声を保てるのですか?』との問いに、

  佐藤さんが『歳を重ねると声は 衰えていきます。

 でも、美しい声を保つためには、心の中に愛を持ち、優しさを持つこと....平和を願う気持ちを持っていれば、

  声は濁らないし衰えない。』との答えがあったそうだ。
  私ごときが佐藤しのぶさんを伝えるには力がありません。

 どうぞ、皆さんも良かったら「リメンバー ヒロシマナガサキ」を検索してみてください。

  F先生は常におっしゃっていますよね。

  ただ歌うだけでなく、詞を感じ、愛を感じて、愛を持って歌う、そして届けると。

    (mn)

 

正しいフィンランド語の発音を学ぶ

  • 2019.11.07 Thursday
  • 18:27

 本日のレッスンは、これまで「Finlandia−hymni」をフィンランド語で歌っていましたが、より正しい発音で歌うために、藤咲先生のご縁でフィンランドのラハティーに5年間留学されていたトランペット奏者 松浦宏志先生に来ていただきました。松浦先生は、エリザベト音大卒業後、オーストラリアのブリスベンに行かれ、広島で活躍された後、フィンランドに行かれ演奏活動は20年を超えて活躍されている方です。留学されたところの「ラハティー交響楽団」は音の良さでヨーロッパで注目されているそうです。

 

 

 

松浦先生のお話は、フィンランドの地理的な処から、北欧の歴史的な国々について、フィンランドの国民性などについてお話が展開していきました。フィンランドの人口は約550万人、ロシアと境を接しているので、かなり苦しめられたそうです。周りのノールウエー、デンマーク、スエーデンはロイヤルですが、フィンランドは共和国で国民を大事にする国なんだそうです。また、フィンランド人は人種的にはスラブ系なんですが、なぜか蒙古斑があるそうで、日本人に親近感を感じて親日だそうです。そして寒いところなので、あまり口を開けてしゃべらないのです。しかしカキクケコのKのあることばのKは強く発音するんだそうです。「コイッタ」「キーウルカウ」などのKは強く発音します。息は外に出す。これが大事だと言われました。これができると相手にもよく伝わるようになるそうです。北緯50度くらいになると光が全く入らないところがあるとか。電気の光が届かないところがあるそうです。で夜は真っ暗で寂しい感があるとのことでした。でもとても美しい国だそうです。そんな世界ですが、国民の皆さんはサウナ大好きで、8割に人が田舎に別荘を持つていて、夏休みなどは4週間から8週間も休みを取るとか。休息を大事にする皆さんだそうです。日本とは真逆な発想の人たちのようです。 さて、ことばですが大事な言葉があります。「Oi Suomi」スオミーは祖国(ソ-マライズ=フィンランド人),「paivas」パイバス aがウムラートのところは、エとアを合わせた音に。(※音なので正確に記録できませんのであしからず)

「koittaa」コイッタ ゆっくりあがる。「yon」ウヨン 夜の、「karkoitettu」カルコイット 追い払う小節の第一音節を強く発音する。この後、先生の読まれた発音を皆で反復し練習しました。

「オイ スオーミ カッツオ シヌン パイヴァス コイッタ ウヨン、 ウッカ カルコイテッツ オン イヨ ポイス

ヤ アアム キウル キルカウデッサ ソイッタ、 クイン イッテ タイバハン カンシ ソイス、ウヨン バラッラアームン

バルケウス イヨ ボイッター スン パイバス コイッター オイ シューン ヌインマー」

 最後に松浦先生のトランペットで「フィンランディア」を聴かせていただき全員が魅せられました。松浦先生のお話でフィンランドのイメージが皆さんの頭の中に伝わっていくようでした。このあとの合唱の録音を聴いてみると前とは違ういいハーモニーが聴こえました。次回はさくらぴあです。長崎先生は11/28です。

                                           (K.N)

calendar

S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< January 2020 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM