『♪となかよしに』

  • 2018.05.25 Friday
  • 19:16
《今週の練習・・F先生より》
 「ジュピター」をパートごとに練習しました。
•身体の内側でリズムを感じて!
 音符を細かく刻むことを意識し過ぎると緊張して身体が硬くなります が
♩(1)、♩(2)、♩(3)、♩(4) と刻むのでなく ♪ト、♪ト、♪ト、♪ト、と細かく刻めることが大事なんです。
 裏拍を感じるようになりましょう。
•言葉に色が出るといい!
「痛み」「信じて」「ぬくもり」「孤独」など大事なキーワードです。
言葉を味わって歌いましょう。

合唱祭まで練習は あと2回。
「一歩ずつよくなってきています。ぎりぎりセーフというのがちょうどいいんです」と言ってもらいましたが・・
今回は暗譜ではなく楽譜を持つことになりました。でも「楽譜とのコミュニケーションではなく お客さんとのコミュニケーションですから」とのこと。
努力なくして感動なし!です。
(nk)

『リラックス』

  • 2018.05.18 Friday
  • 15:19
〈今週の練習〉
廿日市市合唱祭参加曲を練習しました
「わたしのなかには」
・感受性豊かにイメージしながら言葉を大事に
・低い音ほど高い所を目指し 高い音ほど下半身をどっしりと
「ジュピター」
・響き豊かな所と自然な感じの所との切り替えを  重く暗くなり過ぎないように
・16分音符♬を感じて もう少しリズムと仲良しになりましょう

〈F先生より〉
身体をリラックスさせるためにストレッチをしたらいいですよ
・「肩こりは脇もみが効く」藤本 靖著
・タオルを丸めたものを脇に挟むと姿勢もよくなり肩こりも治る      など。
気管と食道はどちらが前にあると思いますか?   気管です。
気管が前で食道が後ろ を意識して発声することで声が前に出ます。声が引っ込む傾向があります。リラックスして呼吸するようにしましょう。
(nk)

『深い呼吸で』

  • 2018.05.11 Friday
  • 14:46

《F先生より》
 肩、肩甲骨、腰まわり すべての筋肉を緩め深い呼吸をしましょう。
 声を出している時は 息が通過している感覚で。喉は単なる通過点です。息が流れて声になります。
 声(息)が前に飛んでいく感じを意識しましょう。
 Ah〜♪ U h〜♪の表現に合唱団の実力が出 真価も問われます。横隔膜を広げ腹筋を使い「う」の口で息を吐き出したり 唇を弾かせるようにして「P.T.K.F」を復習してみましょう。

 ♪ジュピターは 音の流れ(音符)と言葉(歌詞)がつながりにくく難しい楽曲ですが だいぶ形になってきましたね。「あと100回練習すれば大丈夫です」と言われましたが・・とにかく練習あるのみですね。
 今日は隣同士で握手をして練習を終えました。みんなで 愛を感じ ジュピターの世界を作り上げていきましょう。
(nk)

*歓迎!!
男性2名の入部が決まりました。
来週から また新しい仲間と一緒に さくら を盛り上げていきましょうね。
(nk)


『新年度スタート』

  • 2018.04.27 Friday
  • 17:15
 混声合唱さくら 平成29年度総会、質疑応答も滞りなく進み無事終了しました。運営委員会の顔ぶれも若干変わり新体制でのスタートです。
 外を見れば 山々の色合いも変わり 若草色の新芽の息吹きに元気をもらえますね。わかばがそよぎ〜♫と「みどりの風」の季節到来です。
 私たちも一つ一つ歳を重ねてはいきますが 互いにいい色を出し合い『さくら』を盛り上げていきましょう。
 心豊かにチャレンジ精神をもち「姿勢 レガート 笑顔」を忘れず  たちまちは6月の廿日市市合唱祭にむけ 、ヨーイ!ドン!!です。
(nk)

『春のコンサート』

  • 2018.04.09 Monday
  • 17:50
 肌寒さを感じる一日の始まりでしたが
会場は熱気に包まれ、一曲目の『さくら』そして『朧月夜の涙』も今の季節にぴったりで お客様の拍手が緊張を解きほぐしてくれたように思います。
 続く『こころようたえ』では涙をぬぐうお客様もいらっしゃいました。歌の心をお伝えできたことに感動しました。
 全19曲 それぞれが自分の持ち分を精一杯の力で歌い終え 達成感、充実感を味わえたのではないでしょうか。
 明日から また新たな気持ちで前へ前へと進んでいきましょうね。お疲れさまでした。(nk)

『さあ!行くぞ!!』

  • 2018.04.05 Thursday
  • 22:39
 春のコンサート本番を3日後に控え さくらぴあ小ホールでリハーサルを行いました。
 N先生のボイストレーニングの中でも言われたように 喉の筋肉を緩め頑張り過ぎず笑顔で・・ですが、やはりステージに立つと緊張感も高まりますね。

 大きく息を吸い つま先立ちをして かかとをストンと落とすと ふっと身体の緊張感も緩む気がします。
 コンサートに向け ひとつひとつの楽曲を丁寧に指導して頂き 時間をかけて歌いこんできました。
 努力は裏切りません。自分を信じみんなの力を結集して 最高のパフォーマンスをお客様にお届けしましょう。

さあ! 行くぞー!!
(nk)

『いよいよ!!』

  • 2018.03.31 Saturday
  • 23:11
コンサートまで練習も あと一回になりました。本当のカウントダウンです。
「誰かに引っ張られるのでなく誰かにおぶさっていくのでもなく 一人ひとりが責任をもって自分の貢献度を高めていきましょう。指揮者と団員が一つの生命体となって 初めて最高のステージになるんです」 F先生の言葉通り 各自 再々々点検をし万全の体制で臨みましょう。
そして いつも言われている 笑顔!!
笑顔!!お客さんに喜んで頂くためにはまず自分たちが楽しまなくては・・です

今日の午後は 絶好のお花見日和でしたね。満開の桜の花が私たちにエールを送ってくれたはず。リラックスし心地よさを味わえましたか?
本番も みんなでひとつになって会場を盛り上げていきましょうね。
では、来週の公開リハーサル みんないい顔で集まりましょう!
(nk)

『コンサート間近』

  • 2018.03.23 Friday
  • 19:24
いよいよですね。
今週 全体の流れを通して練習できたことは大きな収穫でした。細かいことはまだまだたくさんありますが それぞれが自分の課題を自覚し仕上げていきましょう。

コンサート終了後には また次の課題が待っています。「ジュピター」もいい曲ですが・・。簡単そうにみえる曲もやってみたら なかなか難しい・・です!
6月の廿日市市合唱祭に向けての準備もしなければいけません。
大変ですが もうひとふんばり みんなで力を合わせていきましょうね。
寒暖差が大きく体調を崩しやすい時です。元気に今をのりきっていきましょう。 では また来週。
(nk)

『さくらぴあ小ホールPart II』

  • 2018.03.16 Friday
  • 20:09
〈F先生より〉
•リラックスして歌うこと!
 喉で歌うのではなく響きが大事なんです。響きがあれば P(ピアノ)であっても会場の皆さんに届いていきます。
身体を固めない、身体は動かさないけれど動いている感覚をもってピアノをよく聴き 耳を動かせていきましょう。

*コンサートまで残すところ3回の練習となりました。4月5日の さくらぴあ小ホールは公開リハーサルです。
本番と同じ気持ちで臨みましょう。
特に女性は 自分の出番、立ち位置をしっかり頭に入れ もたつかずスムーズに
そして美しく動けるようにしましょうね。  では、また来週!!
(nk)

『さくら♫ クライマックス!』

  • 2018.03.09 Friday
  • 18:08
〈F先生より〉
本番にむけ さくら♫、今がクライマックスです。
頑張り過ぎるとパフォーマンスがおちてきます。頭を空っぽにしているとアンテナで色んなことをキャッチできる、身体が覚えているという感じがいいですね。
適度なストレスをもって本番にむかっていきましょう。

〈今週の練習〉
発声の仕方の確認をしました。
「口を縦にあけ顎の力を抜き目を開く」
顎の力を抜き目を開くようにし 鼻から上に通路ができる感じを意識しましょう
すると鼻から上に響く声になります
『鼻から上に響く声は楽音(がくおん)  鼻から下の声は雑音』 だそうです。

*来週の練習会場は
    さくらぴあ小ホールになります
     9時開始ですので お願いします。
(nk)

calendar

S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< May 2018 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM