Fw:今週のレッスン

  • 2019.09.16 Monday
  • 11:50

今週のレッスン

今週も県フェスティバルの2曲と「心の瞳」を練習した。

「そのひとがうたうとき」
 ・この歌をどんな風に感じて(イメージして)歌っているか?団員が自主的に意見をだしあった。色々な感じ方があった。
      F先生は “能”の世界を感じている、とおっしゃっていた。
 ・S先生のピアノ伴奏だけを通しで聞いた。 こんなところにこんな伴奏が!と初めて気づくことが多かった。 

     私達の歌は、こ の美しい伴奏と融合し、輝けるのですね。


「フィンランディア」
 ・これもピアノ伴奏だけを通しで聞いた。本当にきれいな和音だ。
  『「L」からの16分音譜を感じて歌いましょう』と、先生。ピアノのフレーズのところで一緒に息継ぎをしたいのだけれど、

   単語の途中になるので出来ないところがある
 ・歌う位置→今回はソプラノとアルトが隣り合わせ、続いてテノール、バス。初めてテノールの横で歌った。

     女子がかたまっているせいか、男性とのリズムのずれを大きく感じた。
     和音もゾクゾクっとした響きに合わせたい。出だしやリズムも縦をぴしっと合わせたい。クレッシェンド、ディミニエンドを

    皆で感じて表現したい。だから先生の指揮を感じよう。


「心の瞳」
 ・Codaからの6小節目から、男性との掛け合い、聞き合って練習しましょう。
 ・歩きながら、相手を感じながら歌った。


      ※後5回の練習で、きっと美しいハーモニーが生まれます。私達にはその力がある、と前に先生がおっしゃっていましたよね


     10月20日の県合唱フェスティバル
        ・リハーサル 10;50〜10;59
      ・出演 13;00以降
                                    (mn)

 

『響きを集める、発展させる』

  • 2019.09.07 Saturday
  • 13:11
◇N先生のボイストレーニング
○ハミング(ドレミレドの音程で)
・お腹・鼻(明るい響き)
・姿勢(脇はゆったりと)
・優しい笑顔で 
※『自分が気持ちよく響くポイントをさがしてみましょう。』
○「ノナーノナノナー」(ドソーファミレドーの音程で)
・伸ばす「ナー」は、前に伸びていく感じで、育って行く感じで。
○「バべビボバべビボブー」(ミファソファミファソファミーの音程で)
・マルカートで。
・お腹は一回一回切らなくて良いので、クッと支える。
※✨『力を無理に入れずに、楽に声を出す』✨


◇秋の合唱フェスティバルにうたう2曲の練習
○「フィンランディア」
・ソプラノ、音程が高いのですが、響きで歌いましょう。
・アルト、バランス的にもう少し出すと良い。「オィスオーミのミ」が音程低い。
・テノール、音が下がりぎみ。
・フレーズ、フレーズの終わりにある伸ばす音「たー」など、もう少し音楽的に艶のある音で。
・ブレスが皆まちまち。『フィンランド語の単語の途中で息を取らないようにしましょう。』(YouTubeの合唱をよく聞いてみましょう) 
・バスは息が大変なので、長くのばす音の前の単語の途中で吸ってもよいことに

○その人が歌うとき
・出だしに気をつけて “p” 、“mp”。
もう少し音量を落として歌ってみましょう。但しか細くではなく、響きを集めて。
・3つのパートが複雑に絡み合って曲が構成されています。私達自身がそれぞれを感じて歌えるように。
・「その喉は枯れることのない井戸~」は、気持ちを切り替えて歌う。
・男性の最後の「もっとも不幸せな~」は、まだバラバラです。一つに合わせましょう。

○心の瞳(坂本九の歌をきいた)
・『40代になって歌いましょう😊』
 
🌸県フェスティバル(三次)は、Bブロックの出演になったそうです。午後からの一番目のブロック😊

※出だしの音は本当に難しい。それが “p” だったり、高い音だったらなおさら難しい💦
オカリナを習っていた時も、よくそれを感じて一度質問してみたい等と思っていた。
『“p”=音が薄れるのではなく、響きを集めて弱く。そして発展させる』 あー💦何と難しいことか! 少しずつ少しずつ、近づけますように😅  
(mn)



今週のレッスン

  • 2019.09.01 Sunday
  • 21:04
○12曲通しで歌う
 今日は来年の春のロビーコンサートまでに各ステージで歌う歌、12曲を通しで歌いました。
 きっちり身に付いている歌もあれば、音程すら不確かなものもありました。
特に、全員の立ち位置をパートに関係なく、バラバラにして歌った時には、自分自身いかに隣の同じパートの声を頼って歌っていたかがわかりました。(頑張らねば💦)

・「フィンランディア」「その人が歌うとき」 この2曲は10月の県合唱祭で歌う歌。後、1か月と少し。
 先生に作って頂いたCDを聞いたり、練習チェック表を活用したりして追い込みを頑張っていきましょう。
 YouTubeの中のグレゴリオ聖歌のようなフィンランディアと、駅の雑踏の中から歌い出され最後は大合唱となるフィンランディア、その2つの合唱を聞かせていただきました。


🌸さくらのスローガン「素敵な姿勢・笑顔・レガート」この3つに付け加えるとしたら何?…皆で考えることになりました。


※親戚の結婚式に出席してきました。その式のなかで思いもかけず“フィンランディア”が厳かに静かに流れ出した時は感動しました。歌詞はありません。そのハーモニの美しいこと。
この美しさとフィンランドの人々の思いを、私達は歌い上げることができますように。
(mn)




納涼会

  • 2019.08.23 Friday
  • 18:16
 22日の夕方から、さくら慣例の納涼会がありました🍺
 広島駅前のエールエール屋上で、美味しいおつまみと飲み物片手に沢山の仲間と合唱の話や夫や孫の話、レッスンの時間では中々聞けない話もできて、楽しい一時を過ごしました。 中には、“フィンランディア”の歌詞を覚えているグループもあり、(わぁー凄い✨☺)。
 すぐ近くの球場で行われているカープの状況を確認しながら一喜一憂しているグループも。
 ほろ酔い気分の楽しい一時でした。
これで、夏の疲れを一気に吹き飛ばし、秋の合唱祭に向けてがんばれそうですね✨

※ブロガーの私が今日の午前中のレッスンをお休みしてしまいました💦
大事な一言等ありましたら、コメントで書き込んで頂けたら嬉しいです🎵(mn)






木下牧子さんと広島と。そして私達の歌。

  • 2019.08.10 Saturday
  • 16:42
◇今週のレッスン
○「フィンランディア」
各パートで→アルトとバスで→全体合唱で歌う。
・停滞しない!もっと流れましょう。
・フィンランド語の意味も理解して歌いましょう(意味も書き込んでいたら良いですね)
・最後のハミング“PP”はもう少し出してもよいでしょう。
※『フィンランド語の歌詞を覚えるのは大変だと思います。自分で少しずつ歌ってそれを録音して、何度も何度も聞いて覚えましょう』と。

○「その人が歌うとき」
・一度歌った後に、“詩”を感じながら歌詞を読んでみた。→すると“詩”の心が私達に入ってくる。→その後の歌に少し変化が現れたとおっしゃった。
・クレッシェンド、デクレッシェンド。情熱的に歌うところ、ハートで歌うところ、輝きを持って歌うところ。

※F先生のお話によると、この歌の作曲家木下牧子さんは、10年程前に宮島に感動して広島に度々来られていたそうです。その度に悲しいけれど原爆資料館に必ず立ち寄られていたとか。
今、私たちが歌っている曲もその平和の思いが繋がっているかもしれない、と。
また、木下さんは自分の曲を、演奏家が良い演奏をしてくれた時は、これは神様からのギフトだ、と思われるのだそうです。
『そう思っていただけるような演奏をしましょう』と。

🌸来週15日はお盆休みです。
22日は練習の後から納涼会、17時集合。広島駅前エールエール屋上です。
🌸先週見学に来られたSさんは、9月半ばに入団されるそうです。☺

※先生のお話を伺って木下牧子さんを検索してみた。思っていたけどやっぱり凄いなーと思う。そんな人と、広島で繋がっているかもしれない😊
(mn)


ブレスコントロール

  • 2019.08.02 Friday
  • 19:32
◇N先生のボイストレーニング
○座って歌う時の発声 
・少し浅目に座り背筋を伸ばす、顔は真っ直ぐ
・両足、親指を地面に意識して。
・優しい顔で気持ちよく息を吸い、お腹のポンプを使い少しずつ吐き出す。
・ぽん、と緩めると、すーっと息が入ってくる。
○顔の筋肉を柔軟にする
・「アエイオウ〜」
・巻き舌の練習もやってみましょう。
(出来ない人は、ラリルレロの前に「ウ」をつけて、ウラ、ウリ、ウル、ウレ、ウロと、軽く力を抜いて何度もやってみてると、いつかできるようになります。)
○(ソラソラソ)の音程で「ウー」 
・「ウー」は上唇を巻き込んでいると暗くなりがちです、巻き込まないで。
・勿論、鼻の奥の空洞を感じて頭頂へ突き抜けるように、からだ全体で響かせて。
○(ドミソミド)の音程で「ンマママママー」
・明るい響きで、3つ目の山の音「ソ」のところは艶、響を。目を開いて前に!

*『脇を少し開けて、ぴったりくっつけて歌わないようにもしましょうね』と。

◇今週のレッスン
○男声合唱「椰子の実」 N先生
○女声合唱「四つのわらべ歌」「朧月夜の涙」 F先生
 今日はお二方の先生に別々に指導していただいた。

「わらべ歌」 
・(さんちゃんが〜)からは、追っかけっこしているのを楽しんで!
「朧月夜の涙」 
・クレッシェンド、デクレッシェンドが沢山出てくる曲です。ブレスコントロールが出来るようになりましょう。

🌸見学に男性Sさんがおみえになりました。入団されますように!
🌸8/22夕方は納涼会ですよ、夏風邪引かないように元気で参加しましょう。

※いつもこのブログに私の文章をアップしてくださっていたNさんが7月で退団。沢山の役をお持ちになっていて、そちらの方が今とてもお忙しくなられたのだそうです。
 とても残念です。 私が4月にブログを担当してからは、(先生の言葉を正確に伝えているだろうか?)、(仕事や孫守りが重なり直ぐには書けない💦)時など、いつも「気楽に気楽に」と励ましていただいていました。
 私が今ブログの担当になっているのも、今退団されるのも、(すべてのわざには、時がある)なのでしょうか。長い年月のブログアップありがとうございました。
 また、さくらに戻ってこられる “とき”を待っていますよ。😊       (mn)

「You can do it !」一人一人に手渡しで!

  • 2019.07.28 Sunday
  • 13:02
 今日は先生からCDを一人一人に手渡しで頂きました。以前から音源を収録していただいていた2021年のコンサートに向けての曲数十曲。パート別に作成していただいた上に、団員全員分のCDを作ってきてくださいました。
 そしてそのCDの表には、一枚一枚、先生の直筆で「Sakura 2019-2021」 『You can do it !』と書かれているではありませんか、、!
 何だか感動してしまいました。 これは先生からの私達への頑張りましょうのエールなのだと。

◇今週のレッスン
⚪グレゴリオ聖歌
⚪仏教讃歌
⚪テノール歌手の歌
⚪フィンランド語の民謡 を聞いた。『西洋の音楽を学びながら、その響きを出せるように。また、西洋の文化も日本の文化もその良さを私達の合唱に活かしていきましょう。』と。『「その人が歌うとき」は、グレゴリオ聖歌のような響きで』とおっしゃった。


🌸来週テノールに見学の方が来られるそうです。(Yさんより) 入団されると良いですね😊

🌸今日頂いたCDの最初に、フォークセットの発声練習が入っています。真似をして歌ってみましょうとのことでしたね。

※若い時のように何でもスラスラと出来ない今、まず、このCDで自分がこつこつと積み重ねようと思いました。そして皆さんと気持ちを一つにして楽しんでやって行こうと、これを手にしながら思いました。
 お忙しい先生でいらっしゃるのに、本当に私達のためにありがとうございました。✨感謝、感謝です✨   
 皆さん、ちなみにあの直筆のイラストは先生の似顔絵ですよねぇ?😊          (mn)



今週のレッスン・・・with練習用CD音源用録音

  • 2019.07.20 Saturday
  • 18:03
♪「Stand alone」(司馬遼太郎作・「坂の上の雲」NHK大河ドラマ主題歌)
 ゆったりとたっぷりと壮大に・・演奏のポイントが楽譜に添えられている。
 F先生が「consciousness(自意識)を持って!」と先回話された。自尊感情、自立心・・。
 この曲のメロディーと詩は、ぴったりな強さとひろがりを感じさせる。Stand alone !

♪「心の瞳」(坂本九が歌った最後の曲)
 教会のパイプオルガン伴奏で歌っているように、音に艶がほしい・・とF先生。
 西洋の音楽を楽しむ私たち日本人。体の生かし方、鼻腔の響かせ方などを意識することで、西洋的響きを出していきましょうと話された。

♪「ほらね、」
 “若い時に部活などでスポーツをやっていた人は前に出て下さい。最低2年・・・”
 “思いっきり歌って下さい。” 先生のこれだけの括りで始まった「ほらね、」。
 不思議な解放感・・・ある人はテニスコートに立ち、ある人はバッターボックスで。
 アルトの私は、ソプラノのAさんと時折見つめ合いハモる心地よさを知った。
 過去の体感が歌声をあと押しした。
「気持ち良かったね!」

♡7月生まれの誕生日会
♪Happy birthday to you.♪
 Yさんは、念願の「富士山」登頂を果たした。極楽寺山登山でトレーニング。すばらしい!
(GO)





『考えながらではなく、感じて表現できるようになる』

  • 2019.07.13 Saturday
  • 17:52
◎今週のレッスン
○ 6月に行われた市合唱祭のDVDをスクリーンに写し出して見ました!

○発声練習
 I-E-A-O-U , I-E-A-O-U-O-A-E-l(同音で) →『全員の声が鼻腔響鳴で統一されているか』『すべての母音が統一されているか(UとIが落ちないか)』

○「きみ歌えよ」の各パートのCD音源用録音。
S=『最後の(ルルルー♪)は、両足の裏側を意識しましたか?』
A=『声が引っ込んでいます』→全員でしゃがんで、少し前屈みで声を出してみた。
T=『音程が全体的にぶら下がっています、意識して』

○「たんぽぽ」の各パートのCD音源用録音。

☆学習の4段階
1.考えてない。演奏できない。
2.考えている。でも演奏できない。
3.考えている。演奏できる。
4.考えていない。演奏できる。
『4に行けるようにしましょう!』
『子供が初めて自転車に乗れるように何度も練習した後は、何も考えずに乗れるようになる。 ♪繰り返し、繰り返し練習して、歌い混んで、自分のものにする。→考えなくても感じて表現することができるようになる』と。

🌸譜面立てを持ってきて練習するのもいいですね、と。

※今日は練習後に、後ろの方で新入団の方のドレスの採寸をしていましたよ! 去年私も衣装係の方や副代表の方たちに、私に合いそうなサイズを借りてきて頂いて、試着したり何度も採寸して頂いたりしました。もう、1年経ちます! 新しいブルーのドレスを頂いた時にはとても嬉しかったこと!
楽譜を用意してくださったり、こうやって衣装を用意してくださったり、縁の下で支えてくださる団員の方たちのお陰で、さくらの歴史は繋がっているのですね✨感謝です✨  (マスクをして行った私に、よーく効くのど飴をくれる仲間にも感謝!☺)   (mn)

『一人一人が音程を意識しましょう』

  • 2019.07.06 Saturday
  • 10:20
今週のレッスン
◎N先生のボイストレーニング
☆肩の力抜く、姿勢、呼吸(香りを嗅ぐように吸い、お尻お腹で支え息を出す)、表情。
1.ハミング
(呼吸を意識して響きを鼻の奥に集めて、声を前に!上に!。息のコントロールにも注意して。)=(ドレミレドの音程で)
2.低音の発声
(『集めたものを柔らかく解き放つように』)=(ななののななののなー)(ソミファレミドレシドの音程で) 
『出だしの“な”は綺麗な響きで』
『低い音になると声が出しやすくなるので、色々なことを油断してしまいます。大きな声でなくて良いので、綺麗に声を集めましょう。』
3.スタッカート
(唇「ンも」、お尻を始めに軽く締め支え、後はお腹だけ動かし切る)
(ドミソミドの音程で)(も.も.も.も.もー)

☆『前より随分表情がやわらかく歌えていますよ』と。😊

◎F先生のレッスン
⚪「そのひとがうたうとき」 
・各パートのCD音源用録音。
・全体合唱。 アカペラで歌ったら、途中も最後も随分音程が下がっていた。
『一人一人が音程を意識しましょう。』と先生。

⚪「信じる」 
・各パートの音源用録音。 
・全体合唱。
『考えることより感じる事』 
『音楽に感動しましょう』 
(棟方志功は「いいね、いいね」と歌いながら作品を作っていたそうです。)


⚪「フィンランディア」 
・各パートの音取り(フィンランド語の歌詞で)。


🌸お休みされていたKさんが復帰されました。皆の前で元気な挨拶を頂きました。お帰りなさい!😊😊
🌸先日ピアノリサイタルをされたTさんから、お礼の挨拶を頂きました。
🌸コンサートに向けての練習用チェック表が、配布されました!
🌸広島中央合唱団のコンサート。 (バスのNさん出演) 
 7/15(祝)14時〜 安芸区民文化センター

※フィンランディアは、私、アルトの音がよく取れてないのに更にフィンランド語で歌った! あー💦2ついっぺんには出来ないー💦頭がついていけないー💦 パニックの私なのでした😅
(mn)


calendar

S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930     
<< September 2019 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM