『喜びが弾けるハーモニー』

  • 2019.01.11 Friday
  • 17:32
 明けましておめでとうございます。
 初日の出も神々しい年明けでした。よい年を迎えられましたか。初詣に福袋ゲット、寝正月・・色々だったことでしょうが みなさん笑顔で参加できたことが何よりの「吉」でしたね。

☆F先生より
〈ほらね、〉
 詞の世界を感じて豊かに歌いましょう。高い音になった時 息のスピードも早くなり音量もアップする。気持ちの高まりの波を作りたいです。音の高低で気持ちの上がり下がりを表現していくことが音楽性に繋がっていきます。

〈四つのわらべうた〉
 自分で難しいと思わない。お客さんに難しいと思わせない。明るくかわいらしい声で歌いましょう。

〈海その愛〉
ゆっくりでも前に変化をしていく。輝きと華やかさのある歌声で広がりのあるハーモニーを楽しみましょう。大ホールでもお客さんに伝わる歌にしていきましょう。

☆今年は10周年コンサートに向け始動の年です。年末のブログにも「猪突猛進」と書きましたが、先を見据え亥(い)そがず 焦らず 丁寧に着実に みんなで心をひとつにして「猛進」していきましょう!!
(nk)


『忘年会』

  • 2018.12.27 Thursday
  • 20:58

 恒例の年末忘年会。美味しい料理に美味しいお酒、そして皆さんの笑顔が何よりのごちそうでしたね。

  笑顔・笑顔    フラダンス

 
 ギターにウクレレ、オカリナ、民謡にハワイアン・・多種多様な出し物に会も盛り上がり 楽しく心地よい時間になりました。やっぱり〈さくら〉は最高です。
  歌・紙飛行機    ギター・遠い世界に​​​
 
 皆さん 今年はワン(🐶)ダフルな一年でしたか? 来年は猪🐗突猛進! 笑顔いっぱいで勢いよく駆け抜けていきましょうね。
 年末には寒波がやってくるようですが、健康でよい年をお迎えください。
 来年が皆さんにとって よりよい一年になりますように。そして〈さくら〉が一段と輝く一年になりますように。
〈さくらブログ〉も引き続き どうぞよろしくお願い致します。
(nk)

『無意識の呼吸』

  • 2018.12.21 Friday
  • 19:16
〈今週の練習〉
 前半は今年を振り返り今まで歌ってきた歌を歌いました。
 「北酒場」「喝采」「ジュピター」「わたしの中には」「きみ歌えよ」「信じる」「ほらね、」「海その愛」「四つのわらべうた」  どれも一生懸命練習を重ねてきた歌ですが 、記憶は忘却の彼方に・・でしたね。思い出そうとすればするほど ますます頭が真っ白になりましたが時には思い出す力を駆使して脳の活性化が必要ですね。
 後半は「ほらね、」をパートごとにリズムを意識しての練習でした。
レガートで歌おうとすると遅れる、直そうとすると一音一音刻んでしまう。1拍目3拍目を足踏みしながら下半身とつながって歌うとリズム感がよくなるようです。

☆本の紹介がありました。
本間 生夫著「すべての不調は呼吸が原因」
 人間が一生に(100歳まで生きたと仮定して)呼吸する回数は?  1分間に15回一日に2万回 一年に790万回 、100年で「7億9000万回」だそうです。
 “呼吸の質を変えると健康寿命が10年延びる”・・無意識の呼吸を大事に歌の力を変えていきましょうね。

☆来週(27日)は忘年会です。場所 時間を確認してお集まりください。
 出し物も盛りだくさんのようです。みんなで盛り上げ今年最後の楽しい会にしましょうね!
(nk)

『楽しく気持ちよく生き生きと』

  • 2018.12.14 Friday
  • 08:52
☆F先生より
 ※有酸素運動と呼吸のストレッチ
  吸う時の筋肉、吐く時の筋肉(背中.首.脇腹)それぞれのストレッチをし 無意識の呼吸の質を上げていきましょう。顔の表情筋のストレッチも大事です。身体を動かすことで声の質が変わってきます。
 ※「ほらね、」
 少年少女合唱団のごとく 爽やかにいい表情でレガートを意識して 遠くに向かって声を出していきましょう。
S.喉から無理やり声を出さない。
A.低い音でも明るく。
  クレッシェンドを効かせて。
T.出だしが早かったり遅れたりしないよう きちんと拍をとって揃えていく。
B.リズムを正確に刻み遅れないように。

 2番は、ただ歌うのでなく歌詞から情景を感じとり距離感をイメージして深い感じでレガートの質を上げること。1番と同じような音色で歌わない。

☆今週はアンサンブルを取り入れての練習でした。
 この方法で練習をすると一人ひとりの密度が上がり、合唱団全体がレベルアップしてくるとのこと。
「これからの伸びしろがあるのが楽しい」「できないからダメなんじゃない」だそうです。
   ほらね! きっとね! そうだよね!!  

〈さくら〉の色が出てきているとのこと
みんな明るく楽しそうなところが さくらの長所です。独唱するにはもう少しですが、みんなで支え合い励まし合っていきましょうね。では また来週。
◆来週20日は阿品市民センターでの練習になります。お間違えのないようにお集まりください。
(nk)

『L i v e l y!』

  • 2018.12.07 Friday
  • 22:45
☆F先生より
◆腹式呼吸といっても おなかは支えで呼吸は全体が必要。特に首のストレッ 
チ(曲げる時息を吸い戻す時 息を吐く)
をすると身体だけでなく心も穏やかに
なります。
◆パートごとに音程を合わせないとハ
ーモニーの美しさが出ない。
S・ぶら下がらず立ち昇っていく感じ
A・幻想的になり過ぎず透明感をもって
T-B・高い音を正確に
◆どうリズムを感じるか? リズムは音楽
の基本。L ivelyですよ。全身でリズムを感じるだけで生き生きとしてきます。
◆心がどれだけ動いているか?
最初から最後まで同じ顔でなく結果を気にせず声をしっかり出しましょう。
S-Tは太陽のように A-Bは月の光のようにお互い陽と陰のいいバランスで。

☆「僕らは一人じゃない 誰も一人じゃない  悲しい日があったら 涙が止まらない日があったら 寂しい夜があったら  どうしても眠れない夜があったら ゆっくりそっと歌を歌おう・・・」
心に染み入るいい歌です。詞の世界観を一人ひとりが味わって音楽を作っていけたらいいですね。
 曇り空でも そこを突き抜けると明るい光が見えてくる・・・そうなんですよね。
 今月から新しい仲間も増えました。
 自分を信じて一歩ずつ前進していきたいです。
(nk)

『さわやかな声』

  • 2018.11.29 Thursday
  • 19:54
 さくらんぼ会(女声部)の特別練習をしました。
☆N先生より
 まずは基本から・・
 おなかはどっしりと支え 顔(表情)を緩め身体も柔らかくし響きのある声を出しましょう。おなかのタンクに息をため鼻の奥に空洞を意識し目から声を前に出していく感じをつかみましょう。

〈四つのわらべうた〉
・母音「あ」行は口を縦にあける。
・低い音からいきなりポンと高い音へ
 高い音から低い音へは ピッと正確に音をとらえる。
・同じ歌詞「おちゃらか」でも 前半は符点、後半は8分音符なのでリズムを正確に。
・クレッシェンドは ただ大きい声を出すのでなく遠くにとばすイメージで。
・追いかけっこ(ズレ)ていくところと一緒 になるところをはっきりさせる。

〈ほらね、〉
・音符も大切だけど歌詞をとらえて。
・mp とfのメリハリを。
・サビのところはしっかりのびのびと。
・3連符は一音ずつ刻むと重くなるので気をつける。

☆聴いてくれている誰かに楽しんでもらうために そして自分も楽しめるよう基本を忘れず練習を積み重ね さくらんぼ会、女子力をUPさせていきましょう!
(nk)

『廿日市中央市民センターまつり』

  • 2018.11.26 Monday
  • 18:13
 廿日市中央市民センターまつりが11月24、25日に開催されました。
 社会教育の一環として地域に根ざした 多くの団体が日々の活動の成果を発表し合い 盛況の2日間だったように思います。
 混声合唱さくらは25日に参加しましたが 他にも様々なジャンルの発表があり 皆さんそれぞれに生きがいを見つけ「生涯青春」を楽しまれていることを感じました。

 混声合唱さくらでいつも先生に言われている「表現力」は まず心から自分が音を楽しむ、それが表情に表れてくるということ、音は正確でも表情が動かなければ相手に伝わっていかないということ、どうだとばかりに音を押しつけるのでなく響きを伝えるということなどなど、他の合唱団のステージから学ぶことも多かったです。

 今年度のイベント参加も 3月の一回を残すのみとなりました。反省を次への飛躍につなげていきたいですね。
 来週は女声部のみの練習です。全員集合は師走第一週となります。
 落ち葉の季節は終わり 本格的な冬の始まりです。体調を崩さないよう気をつけてくださいね。 
 ではまた笑顔で集まりましょう!
(nk)

『今を楽しもう!』

  • 2018.11.23 Friday
  • 21:15
25日(日)は中央市民センターまつりです。参加曲をパートごとに 音程は? 呼吸は? どれほど合ってきているか など最終確認をしました。
アルト・・音程,リズムは良いが全体を通してぼんやりした感じなので クリアな輪郭が出てくるように。平坦にならず全身で音楽を感じる表現力を。

バス・・ゆっくりしたところはいいのですが低い音を押し付けないように 全体を包み込む感じで音程を正確に合わせていくように。

テノール・・テノールの音色(甘く柔らかな余裕のある声)がもっと欲しい。

ソプラノ・・みんなの声がひとつに聞こえるのはいいけれどカリスマ性をもち一人ひとりが主役になって歌う意識をもって。

*「怖さから逃げれば逃げるほど追いかけてくる」  みなさん恐怖心があるんですよ。 失敗する恐怖、目立ち過ぎる恐怖・・でも勇気を出して自分を解き放ち意思をもって歌いましょう。

*初めて聴いてくれる人も耳を傾けてくれるレベルになってきたと言って頂きました。心と身体を固めず 音の流れを感じ「変化」と「魅力」を伝えていきましょうね。

*男声部も「よくなってきました。雰囲気もいいです。県大会に出場してもいいくらい」との褒め言葉でしたね。ただ 気持ちは入れるけど身体に力を入れると声が出なくなりますから とのこと。
午後からの男声部練習も一段と熱が入ったことでしょう。
女声部(さくらんぼ会)もバイキングランチで おなかも心も満たされ、10周年に向けての話で盛り上がり 楽しくいい時間になりました。

*中央市民センターまつり出演のプリント(タイムスケジュール,衣装など)を確認し お間違いのないようにお集まりください。体調を整えみんなでステージを盛り上げましょう。
混声合唱さくら 今を楽しもう〜!です。
(nk)

『合唱はみんなと仲良く』

  • 2018.11.16 Friday
  • 18:25
「合唱のコツ 50」から
  •フェイストレーニング
   ⑴眉間を押さえ眉を「へ」の字に
   ⑵顔クシャで小鼻を上げる
   ⑶口角を上げ「いー」の口で
 •ジャンプ発声(下半身の支え)
 •ひざ曲げ発声
  など 顔の筋肉や下半身をならして練習
  開始です。

☆中央市民センターまつりに向け 今まで歌い込んできた「きみ歌えよ」「信じる」を更にもう一段階 上を目指しての練習でした。男声部「海その愛」も一生懸命やろうとすると喉に力が入ってしまうけど 共鳴を楽しみ少年合唱団の気分で大聖堂で歌っているイメージでいきましょう とのこと。先生のちょっとしたアドバイスで声の響きが変わってきて合唱団一人ひとりの底力を感じました。
「まだまだできる、スゲェー」ですね。
歌えるようになったらおしまいではなく
その先は表現力だそうです。
身体の中に音楽を感じ自然に溢れ出てくる感じで 次のステージもお客さんに楽しんでもらえるように歌っていきましょうね。

『これからが楽しみ わからないから面白い』

  • 2018.11.08 Thursday
  • 18:43
《今週の練習》
 ☆F先生より
  「男声 海その愛」
     よくなってきましたね。最後はカン
     ニングブレスでつながりを出しまし   
     ょう。伴奏がフルオーケストラのよ
     うにダイナミックなので声に響きが
     ないと埋もれてしまう。小さくは暗
     いのでなく小さくても明るい声で。
     キラッと輝く感じで前へ前へです。

「女声 四つのわらべうた」
    符点8分音符をしっかり意識して。

「ほらね、」
  脳を深刻にして音符を追いかけない。
  周りの人も間違えを深刻に捉えると歌
  っている方がもっと歌えなくなります
  から。音符も大事だけど生き生きと。

「そのひとがうたうとき」
  自分なりのイメージを自由に表現して
  特に後半は感受性を研ぎ澄ませ詞を捉
  えると 気持ちの変化が自然なエネルギ
  ーとなり湧き出るような歌い方になっ
  てきます。

☆暦の上では立冬を過ぎましたが 暖か
 い一日でしたね。今週はお休みの人が
 多かったですが、来週の練習は「さく
 らぴあリハーサル室 9時〜」です。
 会場が変わりますので お間違えのない
 ようにお集まりください。
(nk)

calendar

S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< January 2019 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM